総合トップへ
   ホーム  >  ごみ・環境 [ 生活環境情報 ]   >  ペットを飼っている方へ ~ルールを守って住みよい社会に~

ごみ・環境

  町域別一覧  ごみ出しカレンダー  ごみ出し早見表  ごみの出し方  粗大ごみの出し方
  生活環境情報

ペットを飼っている方へ ~ルールを守って住みよい社会に~

最終更新日 [2016年3月23日]  

 最近、ペット(犬・ネコ等)についての苦情や相談が増えています。

 ペットを飼う場合は、飼い主としての責任を自覚して、同じ地域で暮らす皆さんの迷惑にならないように、ルールを守って飼いましょう。


(1)散歩中のフンは持ち帰ってください

 フンの後始末をしないで散歩をしていませんか?

 犬に関する相談苦情で多いのは、フンの後始末についてです。他人の家の庭はもちろん、公園や広場・道路など公共の場所を汚さないようにすることは、犬を飼う人の当然のマナーです。自宅近辺にフンをされて不快に感じている人がたくさんいます。

 散歩に行く時や、犬を連れて出かける時は、新聞紙やビニール袋などを常に持参し、犬がフンをした場合は必ず持ち帰りましょう。

 

(2)犬を放し飼いにしないでください!

 犬を放し飼いにされている人や、散歩中にリードを付けていない人が見受けられますが、大変危険です。

 世の中の全ての人が犬好きであるとは限りません。犬が嫌い・苦手だという人がいるということを忘れないでください。放し飼いは、人に危害を加えたり他人の土地を荒らしたりなど、多くの人に迷惑をかけるだけでなく、犬にとっても交通事故などの危険がいっぱいです。飼い主の方のためだけではなく、飼い犬自身のためでもあります。

 必ず鎖でつないで、囲いの中で飼いましょう。また、散歩の時もリードをつけ、離さないようにしましょう。

 

(3)飼い主がわかる工夫をお願いします(迷子札を付けましょう)

 毎年多くの犬やネコが迷子になって、保健所に引き取られています。特に、室内で飼われている犬やネコは、一旦外に逃げ出すと家に帰れなくなる事が多くあり、保護された犬やネコの多くは飼い主が分からないまま処分されています。

 福岡県では、飼い主がみつからずに保護された犬やネコの殺処分頭数が全国でも毎年高い順位で推移しております。

 皆さんの愛犬・愛ネコがそのようなことにならない為にも、首輪などに鑑札や迷子札(飼い主の連絡先入り)をつけるなどの迷子対策をお願いします。

 

(4)不妊・去勢手術をしましょう

 繁殖を望まない場合には、飼い主の責任で繁殖制限をしましょう。

 不妊・去勢手術は犬やネコに害のあるものではなく、不幸な子犬や子ネコをつくらないための最良の方法です。飼い主の方の御協力をよろしくお願いします。


(5)愛犬が亡くなった飼い主の方へ

 愛犬が亡くなった場合は、犬の登録を取り消す必要がありますので、飼い主の方は市役所まで死亡の届出をお願いします。

 電話での報告でも結構ですので、愛犬が既に亡くなっていてまだ報告をされていないという飼い主の方は、至急市役所(市民生活課生活環境係)までご連絡ください。

この情報に関するお問い合わせは
市民生活課
電話:0943-75-4972
ファックス:0943-75-3114


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム