総合トップへ
   ホーム  >  概要・市民の歌

概要・市民の歌

うきは市とは

うきは市とは
誕生
平成17年3月20日、旧浮羽町と旧吉井町が合併して「うきは市」が誕生しました。
福岡県内26番目の市で、平成の大合併としては県内4番目の合併となります。

事務所

うきは市役所 〒839-1393 うきは市吉井町新治316番地
電話 0943-75-3111(代表)

  うきは市民センター(浮羽市民課) 〒839-1497 うきは市浮羽町朝田582番地1 電話 0943-77-2112


市章
うきは市の市章募集には全国から1,592点の作品が寄せられ、市章選定委員会、合併協議会で厳正な審査を行った結果、大阪府の岡本実さんの作品を「うきは市市章」として決定しました。
うきは市の市章 中心にある形でうきは市の頭文字「う」を表現し、左右に広がる形で翼を表し、豊かな自然に恵まれた環境で自由自在にはばたき、夢を追い、交流の輪を広げ、未来に向かって躍進するうきは市を象徴しているものです。

位置と地勢

 新市は福岡県の南東部に位置し、北は朝倉市、西は久留米市、南は八女市と大分県日田市、東は大分県日田市と接しています。
 地形的には、南に耳納連山を抱き、北に「筑紫次郎」と称される筑後川が流れている自然に恵まれた地域です。耳納連山を源流とする巨瀬川、小塩川、隈上川が新市内部を流れ、筑後川に注ぎ込んでいます。
 新市は、筑後川の南に広がる平坦部、平坦部と山間部との間にある山麓部、耳納連山に属する山間部に区分されます。平坦部は肥沃な水田地帯が広がり、山麓部には果樹地帯が形成され、山間部は棚田などを含む森林となっています。

うきは市役所の位置
東 経 北 緯
130°45´ 17″ 33°20´ 50″

気候

気候区分では、太平洋岸気候区に属しており、平坦部における年平均気温は16℃程度、年間降水量は2,100ミリ程度で、気候条件には恵まれています。

面積

新市域は、東西13km、南北11.8kmで面積は117.46km2です。地目別にみると、耕地 28.90km2、宅地8.05km2、森林59.23km2となっており、約75%が、森林・耕地といった自然豊かな地域となっています。

人口と世帯

人口・世帯数の推移(資料:住民基本台帳。各年4月1日当初の人口・世帯数)

  平成26年 平成27年 平成28年
人口 31,633 31,245 30,823
世帯 10,866 10,920 10,924

過去(平成17年~)の人口・世帯数の推移は、こちら(ひとのうごき)をご覧ください。

 

人口・世帯数の推移(資料:国勢調査)

区分 昭和60年 平成2年 平成7年 平成12年 平成17年 平成22年 平成27年
総人口 36,84535,91035,17934,04532,90231,640

29,540

世帯数 8,9869,1379,3859,6399,87610,219

9,957

1世帯当たり人員 4.10 3.93 3.75 3.53 3.33 3.10

2.97

 

年齢3区分別人口の推移(資料:国勢調査)

区分 昭和60年 平成2年 平成7年 平成12年 平成17年 平成22年平成27年 
年少人口 8,2467,2156,1345,3234,6774,264

 3,823

(構成比) 22.4 20.1 17.4 15.6 14.2 13.5

 13.0

生産年齢人口 23,28522,75622,02620,90019,82118,608

 16,272

(構成比) 63.2 63.4 62.6 61.4 60.2 58.8

 55.1

老年人口 5,3145,9397,0197,8228,4048,749

 9,414

(構成比) 14.4 16.5 20.0 23.0 25.5 27.7

 31.9

注)年少人口:0~14歳、生産年齢人口:15~64歳、老年人口:65歳以上

産業別就業人口の推移(資料:国勢調査)
区分 昭和60年 平成2年 平成7年 平成12年 平成17年 平成22年
就業人口 17,835 17,792 17,780 17,097 16,371 15,182
第1次産業 4,357 3,722 3,289 3,001 2,886 2,400
(構成比) 24.4 20.9 18.5 17.5 17.6 15.8
第2次産業 5,915 6,019 5,983 5,310 4,667 4,017
(構成比) 33.2 33.8 33.6 31.1 28.5 26.5
第3次産業 7,563 8,051 8,508 8,786 8,818 8,765
(構成比) 42.4 45.3 47.9 51.4 53.9 57.7
 

新市の将来像・基本目標・基本方針

新市に暮らす私たちは、豊かな自然を基礎として先人達が築いてきた魅力ある郷土を、後世に受け継いでいく責務があります。新市の将来像を「郷土の魅力、未来へつなぐ心のふるさと―誇り・交流・夢―」と定め、4つの基本目標を掲げてまちづくりを推進します。
市の将来像

 

新市の施策

    うきは市第2次総合計画の基本目標等の詳細は、こちらをご覧ください。

うきは市のシンボル「花・鳥・木」

うきは市のシンボル - 花 『彼岸花』(ひがんばな)
お彼岸に咲く花は、黄金色の稲穂とのコントラストが映え、美しく力強さが感じられる。また彼岸花めぐりに代表されるように、まちおこしのシンボル的な花となっている。 市の花 彼岸花(ひがんばな)
市の花 彼岸花(ひがんばな)
うきは市のシンボル - 鳥 『かわせみ』
数は限られているが市全域で見られ、瑠璃色(るりいろ)の羽と小さな姿がかわいらしく美しい。

かわせみ写真提供者:熊谷保さん(うきは市出身・大野城市在住)

かわせみ かわせみ
うきは市のシンボル - 木 『柿の木』
全国有数の産地であり、産業振興面からも市のシンボルにふさわしい。また他市町村にないユニークさもある。 市の木 柿の木 
市の木 柿の木

うきは市民の歌 ルリ色のふるさと

うきは市合併10周年を記念し、制作しました

 

★譜面のダウンロードはこちらから

    ---------------------------------------------------------

 

「ルリ色のふるさと」 作詞:保岡直樹  作曲:大島ミチル

 

水と緑が きらめいて

そよかぜ胸に 澄みわたる

しあわせ彩る うきは市は

ルリ色 ゆめ色 みらい色

あなたに笑顔を 届けたい

遊びにおいで ルリ色の ふるさとへ

 

秋は柿の実 ひがん花

のどかな景色 つづく道

希望(ねがい)羽ばたく うきは市はルリ色 ゆめ色 みらい色

思い出いっぱい つくろうよ

もみじの切符 送ります ふるさとへ

 

憩う水辺に カワセミも

明るい声で 歌ってる

心ふれあう うきは市は

ルリ色 ゆめ色 みらい色

あなたと肩よせ 歩きたい

あしたが光る ルリ色の ふるさとよ

 

うきは市のキャラクター(デザイン)

市のキャラクター うきぴー

 平成20年4月30日に市内在住の商業デザイナー生野省三さんから、うきは市のシンボル《かわせみ、彼岸花、柿の木》をデザインしたキャラクター(デザイン)を市へ提供していただきました。デザインは、「うきは」の文字に、シンボル(かわせみ、彼岸花、柿の木)三つが巧みに描かれたデザインとなっています。
 このため、市では、愛称を市民から募集し、応募いただいた中から「うきぴー」が選ばれました。

うきぴーとは…うきは市の「うき」とハッピー(幸せ)の「ぴー」を組み合わせたものです。

うきは市概要パンフレット

(視察等)市外の方に、うきは市の主だった内容を紹介させていただくために作成したパンフレットで、8ページ(表紙・裏表紙を含む)で構成されています。

 

 

【内容】

うきは市をご案内します(表紙)
うきは市の紹介・特色(P1~2)
うきは市のまちづくり概要(P3)
うきは資料(文化財、公園、郷土出身者など)(P4)
数字で見るうきは市(P5~6)
市役所の行政機構図等・うきは市ふるさと大使(裏表紙)

 

(合併に伴う)市内の住所表示

平成17年3月20日から、旧福岡県浮羽郡浮羽町と同郡吉井町は、合併により住所表示が変わりました。

詳しくは、下記の「うきは市の新しい住所表示」をクリックのうえ、ご覧ください。
 

 
 ホーム