総合トップへ
   ホーム  >  商工・産業  >  つづら棚田とは

商工・産業


つづら棚田とは

最終更新日 [2019年1月31日]  


日本の棚田百選にも選ばれている「つづら棚田」。
約400年前より積み上げられた石垣の上に作られた棚田は、約300枚あります。

ヤッホー広場から
※ヤッホー広場から望むつづら棚田。

棚田の上流に葛籠(つづら)集落があるのが、この棚田の特徴のひとつ。
林業が盛んだったことから、森に近いところに集落ができ、日当たりの良い部分に棚田が作られた。
山間地で暮らすための知恵が随所に垣間見えます。

棚田沿いに道路が走っており、中腹から眺める景色と、上流部のヤッホー広場から眺める全景がおすすめ。黄金の稲穂と真っ赤な彼岸花のコントラストが楽しめる秋のつづら棚田は、まさに絶景です。

彼岸花めぐり3
※つづら棚田の稲穂と彼岸花。1年のうち約2週間だけこの景色が楽しめる。

棚田のある新川地区は、伝統的建造物群保存地区として国から認定されていて、茅葺き民家があるなど、古き良き日本の原風景を残している土地です。

野草ベーグル、古民家カフェ、ギャラリー&カフェ、やまめ料理、農家民宿、スモークレストランなど、いくつもの飲食店が点在しているのも、この谷筋の大きな特徴のひとつ。

新川棚田群では9月中旬頃になると、約50万本の彼岸花が咲き乱れ、その景観を楽しめる「彼岸花めぐり&ばさら祭」には毎年市内外から多くの方が訪れます。

彼岸花巡り1
※「彼岸花めぐり&ばさら祭」の様子。彼岸花の季節には、特に多くの人が棚田に訪れる。

春日原小田植え3
※葛籠(つづら)区では棚田オーナー制度も行われており、田植えや稲刈りなどの農村体験ができる。

稲刈り
※稲刈りを楽しむ棚田オーナー。自分たちで刈った棚田の新米は、各オーナーのもとに後日送り届けられる。

この情報に関するお問い合わせは
うきはブランド推進課(地域振興係)
電話:0943-76-9059
ファックス:0943-77-5557


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム