総合トップへ
   ホーム  >  国保・医療  >  新型コロナウイルス感染症に伴う傷病手当金について

国保・医療


新型コロナウイルス感染症に伴う傷病手当金について

最終更新日 [2020年11月26日]  

給与の支払を受けている国民健康保険の被保険者が、新型コロナウイルス感染症に感染した場合または発熱等の症状があり感染が疑われた場合、療養のために仕事を休み給与が支給されなくなった期間に対して傷病手当金が支給されます。
申請には医療機関や事業主からの証明が必要となります。申請される際は、事前にお電話でお問い合わせください。(国保・年金係 電話0943-75-4973)

対象者 
以下1~3の条件をすべて満たす人
1 うきは市国民健康保険に加入している。
2 給与の支払を受けている。  
※個人事業主は対象になりません。
3 新型コロナウイルス感染症に感染または発熱等の症状があり感染が疑われ、療養のために労務に服することができず、給与の全額または一部が支給されなかった。
※仕事を4日以上休み、休んで4日目が令和2年1月1日から令和3年3月31日までの間にあること。
※無症状の場合や自粛要請で労務に服さなかった場合は対象になりません。

支給期間
労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日から労務に服することができない期間のうち就労を予定していた日。(令和3年3月31日まで。ただし、入院が継続する場合は最長1年6か月まで。)

支給額
直近の継続した3カ月間の給与収入の合計額÷就労日数 × 2/3 × 支給対象となる日数
※一日当たりの支給額に上限があります。

この情報に関するお問い合わせは
市民生活課
電話:0943-75-4972
ファックス:0943-75-3114


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム