総合トップへ
   ホーム  >  ごみ・環境 [ 生活環境情報 ]   >  ★微小粒子状物質(PM2.5)情報と対策について

ごみ・環境

  町域別一覧  ごみ出しカレンダー  ごみ出し早見表  ごみの出し方  粗大ごみの出し方
  生活環境情報

★微小粒子状物質(PM2.5)情報と対策について

最終更新日 [2017年1月31日]  

微小粒子状物質(PM2.5)について、福岡県では、県内の大気汚染常時監視測定局で監視を行っています。

うきは市では、福岡県から注意喚起の通知があった場合に、以下の方法で住民の皆さまにお知らせします。

 

福岡県内の微小粒子状物質(PM2.5)の状況
PM2.5の現在の県内状況については、福岡県ホームページ(PM2.5速報値)内で公表しています。

 

微小粒子状物質(PM2.5)とは何?
粒子径2.5マイクロメートル(1マイクロメートルは、1ミリの1000分の1)以下のものです。PMとは、Particle Matterの略称です。
PM2.5は、粒径が非常に小さいため(髪の毛の太さの30分の1程度)、肺の奥深くまで入りやすく、呼吸器疾患や循環器疾患への影響が懸念されています。

 

注意喚起の方法

福岡県の筑後地域内のPM2.5測定局(大牟田、久留米、柳川、八女、小郡、朝倉)のうち、2箇所以上で午前5時~午前7時の1時間値の平均値が85μg/m3を超えた場合には午前8時を目途に、1箇所でも午前5時~午後12時の1時間値の平均値が80μg/m3を超えた場合には午後1時を目途に福岡県からうきは市に対し注意喚起の通知があります。

また、注意喚起を行ったあとに、基準値を超えたすべての測定局で1時間値が2時間連続して50μg/m3以下になった場合には、近隣の状況等を考慮して注意喚起解除の通知があります。

その通知を受けて、住民の皆さまに「防災行政無線」等でお知らせします。

 

高濃度となった場合への注意喚起の内容(行動の目安)

◆不要不急の外出や屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らしましょう。

◆換気や窓の開閉を最小限にし、屋内への外気の侵入をできるだけ少なくしましょう。

高感受性者(呼吸器系や循環器系疾患のある方、小児、高齢者等)は、より慎重な行動が望まれます。

 

 

防災メール「まもるくん」の登録について

お持ちのメールアドレスを防災メール「まもるくん」に登録することで、PM2.5に関する注意喚起のお知らせを迅速かつ確実に取得することができます。

詳しい登録方法等は、こちらのページをご覧ください。(新しいページが開きます。)

この情報に関するお問い合わせは
市民生活課
電話:0943-75-4972
ファックス:0943-75-3114


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム