総合トップへ
   ホーム  >  ごみ・環境 [ ごみの出し方 ]   >  ごみの野焼きの禁止について

ごみ・環境

  町域別一覧  ごみ出しカレンダー  ごみ出し早見表  ごみの出し方  粗大ごみの出し方
  生活環境情報

ごみの野焼きの禁止について

最終更新日 [2015年12月24日]  

ごみの野外焼却は禁止

平成13年4月1日から廃棄物の処理及び清掃に関する法律が改正され、ごみを野外で焼却することは禁止されています。このような行為は違法行為です!

野焼き違法行為等

 

 

野外焼却を行った者は、5年以下の懲役、1,000万円以下の罰金が科せられます。

 

 

下記の行為は例外的に認められていますが、住宅地に近い場所などでの焼却行為は煙や灰による苦情につながりますので、付近への充分な配慮が必要です。

【例外1】国又は地方公共団体がその施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却

 例:河川敷・道路側の草焼き

 

【例外2】震災、風水害、火災、凍霜害その他の災害の予防、応急対策又は復旧のために必要な廃棄物の焼却

 例:災害等の応急対策、火災予防訓練

 

【例外3】風俗習慣上又は宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却

 例:正月の「しめ縄、門松等」を焚く行事

 

【例外4】農業、林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却

 例:焼き畑、畔の草及び下枝の焼却

 

【例外5】たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの

 例:落ち葉焚き、キャンプファイヤー

 

 

 

この情報に関するお問い合わせは
市民生活課
電話:0943-75-4972
ファックス:0943-75-3114


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム