総合トップへ
   ホーム  >  災害対策・国民保護  >  台風接近への備えはできていますか

災害対策・国民保護

台風接近への備えはできていますか

最終更新日 [2015年6月9日]  

台風が接近していますので、警戒・注意をお願いいたします。

 

台風・暴風雨に警戒を
◆防災の注意
1.雨の降り方をあなどらない。
      家を離れる時は行き先を伝えよう。避難場所を家族で決めておこう。非常持ち出し品を備えておこう。

2.気象情報をこまめにチェック!

3.事前に、家の回りの安全確認!

     家の回りに飛ばされやすいものを置かない。家具の固定等転倒対策をしよう。ガラスの破片でケガをし   ないよう、靴やスリッパを用意しておこう。
4.非常持ち出し品を備えておきましょう。

 

気象庁防災情報/うきは市情報をごらんください
災害による停電時の停電情報(九州電力提供)をごらんください

 

避難もとても大事です

◆避難するときの心得
1.避難場所の確認をしましょう。
2.情報の収集に努めましょう。
テレビ・ラジオ等で情報収集に努めましょう。
3.避難の呼びかけがあったらすぐに避難を!
「避難の呼びかけ」がなくても、ご自身で「危ない」と感じたら、速やかに避難してください。
4.避難するときは、みんな一緒に。お年寄り等の避難に協力しましょう。
5.避難の荷物は最小限にしましょう

 

◆非常用持ち出し品の例
(1)運動靴、(2)軍手、(3)毛布、(4)衣類、(5)貴重品、(6)懐中電灯、(7)乾電池予備、(8)ラジオ、(9)ライター、(10)医薬品、(11)ヘルメット、(12)飲料水、(13)食料品、(14)缶きり、(15)ろうそく。

 

お問い合わせ 市民協働推進課 消防防災係 電話0943-75-4982、ファクス0943-75-5509

 

◆突然襲う土砂災害! 梅雨期の長雨に警戒を

土砂災害と雨量の間には、密接な関係があります。
  地中にしみ込んでいる水の量が多いほど、また、短時間に集中して降るほど、発生する数や規模が増します。特に、土石流は、集中豪雨などの短時間の強い雨が引き金になります。がけ崩れのほとんどは、梅雨や台風の時期に発生しています。長雨などにより、地面に大量の水がしみ込み、斜面が弱くなっているためです。
  雨量だけでなく、「斜面の傾きが大きい、崩れやすい地質である、植物があまり生えていない」などの場合は、崩れやすい要因になります。雨が上がった後で災害が起こることもありますので、十分な警戒が必要です。

 

 


 

 

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム