総合トップへ
   ホーム  >  歴史・伝統文化  >  岩屋堂木彫阿弥陀如来坐像

歴史・伝統文化

岩屋堂木彫阿弥陀如来坐像

2011年2月18日(金)

岩屋堂木彫阿弥陀如来坐像 この地に落ちのびて来た丹後局は、その後仏門に入り「比丘尼」となり、開岩山妙山庵(現岩屋堂観音堂の前庭にあったという)という草庵を建てて、頼朝たちの冥福を祈ったという。この僧像2躯は恐らく越生城主か、その一門の有力者で仏門に入って入道となった者の像と思われる。

岩屋堂木彫阿弥陀如来坐像1


最終更新日 [2011年2月22日]  
この情報に関するお問い合わせは
生涯学習課
電話:0943-75-3343
ファックス:0943-76-4724


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム