総合トップへ
   ホーム  >  歴史・伝統文化  >  居蔵の館

歴史・伝統文化

居蔵の館

2011年2月14日(月)

居蔵の館  この建物は、うきは市吉井町の重厚な町並みを形成した土蔵造りのなかでも、完成度の高い代表的な居蔵家のひとつです。
 この建物は、うきは市吉井町の重厚な町並みを形成した土蔵造りのなかでも、完成度の高い代表的な居蔵家のひとつです。
 吉井は精蝋、酒造、菜種の製油など農産物の加工品を製造、販売することによって莫大な富を得ました。また、有馬藩の城下町久留米と天領日田を結ぶ豊後街道の宿場町として大いににぎわいました。やがて吉井の町並みは江戸末期から明治にかけて大規模な火災に見舞われることになります。そこで商家や地主は競って火災に耐えられるとともに富を誇示するような豪勢な建築物を建てるようになりました。道路に面した主屋を見ると、漆喰が塗られた壁、瓦屋根、軒の裏までも漆喰で塗り込められています。また、2階の窓は鉄製の扉によって覆われており、外部から延焼しにくい構造になっています。
 幕末から明治、大正と繁栄をみせた土蔵造りの吉井の町並みも、第2次大戦後の経済・社会変動の中で、その多くが失われていきました。しかし、幸運にもこの建物は、関係者の理解に助けられて破却を免れることができました。
 この「居蔵の館」は、明治末期に建てられ、大正初期に改築されたもので、精蝋業で財をなした大地主の分家として銀行経営に携わっていた当主一家が移り住んだものです。
 戦後、しばらく空き家になって荒れていましたが、平成8年度に国土交通省街並み環境整備事業により、土地、建物の購入及び保存修理事業を実施し、広く見学者に公開することとなりました。

開催期日 開館時間  9時から16時30分まで 
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日から1月3日まで
 
場所・所在地 ・所在地   うきは市吉井町1103番地1
              
問い合わせ先

うきは市教育委員会 生涯学習課 TEL:0943-75-3343 

居蔵の館 TEL:0943-76-5777

備考 見学料  無料
 
使用料   (1時間あたり)          
1階大会議室  160円     
1階中会議室  110円     
1階小会議室   60円      
2階中会議室  110円     
2階小会議室   60円     
 
敷地面積 1,329.13平方メートル
建物面積  500,45平方メートル
 
 
 
 
最終更新日 [2017年4月27日]  
この情報に関するお問い合わせは
生涯学習課
電話:0943-75-3343
ファックス:0943-76-4724


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム