総合トップへ
   ホーム  >  観光・体験  >  延寿寺曽根の櫨並木

観光・体験

延寿寺曽根の櫨並木

2011年2月21日(月)

延寿寺曽根の櫨並木 耳納山麓から幾筋もの曽根が北へ伸びる。これらの川沿いに数多くの櫨が植えられ、この櫨の実から木蝋の生産が江戸中期から昭和の初期ごろまで行われていた。

吉井は櫨の国であった筑後の名声を担い、その中心地でした。櫨や木蝋生産等で蓄積された富は吉井銀となり白壁土蔵を形成することになる。現在は櫨に生産上の利益がなくなり伐採されて、延寿寺曽根の櫨並木がかろうじて残っている。
この曽根の櫨並木は春の若葉の頃もよいが、深秋の紅葉の鮮やかさはすばらしいものです。

 

開催期日 ・紅葉時期
 11月下旬~12月中旬 
場所・所在地 うきは市吉井町福益 
問い合わせ先 うきは市役所うきはブランド推進課 電話0943-76-9059
備考 ・交通アクセス
 大分自動車道・朝倉インターから車で10分
 JR鹿児島本線・久留米駅~JR久大本線筑後吉井駅下車 

 

延寿寺曽根のはぜ並木 延寿寺曽根のはぜ並木 はぜ紅葉のころ2012 はぜ紅葉のころ2012

2014年 徐々に色付き始めるはぜ

最終更新日 [2019年6月21日]  
この情報に関するお問い合わせは
うきはブランド推進課(地域振興係)
電話:0943-76-9059
ファックス:0943-77-5557


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム