総合トップへ
   ホーム  >  ふるさと納税 [ 基金の活用方法・用途 ]

ふるさと納税

  制度の概要  申込方法・申込フォーム  基金の活用方法・用途  寄付状況

◆選べる寄付金メニュー

   うきは市では、寄付をしていただく皆さんの思いをまちづくりに生かせるよう、
 「まごころ寄付」に5つのメニューを準備しました。

1. ふるさと人材だいじに寄付

 2. ふるさと産業いきいき寄付

 3. ふるさと福祉すこやか寄付

4. ふるさと暮しまもろう寄付

 5. ふるさと市長おまかせ寄付


 (H29.4.1~)

◆寄付の使い道

平成26年度中にいただいた

皆様のあたたかなご支援を

大切に使わせていただきました。

ありがとうございました。

 

ふるさと森と水まもろう寄附金                      

うきは市の総面積の約半分は森林が占めています。

この森林は、木材資源の宝庫であり、

大気を浄化し、都市圏の水のふるさととなり、森林セラピーの場として

多くの来訪者の心と身体を癒しています。

しかし、林業の衰退・山村の過疎化、高齢化により、林業の担い手が不足し

森林が健康な姿を保つことが難しくなっています。

そこで、森林の下刈り・間伐などの管理を行い、森林の保全を行いました。

BEFORE

AFTER

森林保全(H26)

ふるさと景観だいじに寄附金                      

美しい景観を後世に伝えていくため、

地域住民の協力を得ながら

平成26年度中は7件

(筑後吉井4件・新川田篭3件)の

景観対策事業を行いました。

 

町並み(H26)

 

ふるさと高齢者いきいき寄附金                     

高齢者(H26)

うきは市内の在宅高齢者等を対象に、

配食ボランティアがお昼と夕方、

お弁当の配達と安否確認を行う

「食の自立支援事業」などを行いました。

 

 

ふるさと子どもこれから寄附金                     

うきは市内の小学4~6年生を対象に、体験学習「鷹取登山」・「壱岐島夏休み感動体験」「うきは市子ども議会」を3セットとして

行いました。

様々な体験を通すことで、思いやりの心や

自立心、規範意識を育み、体力・精神力を鍛え、社会性を学び、成長することを目的とし取り組みました。

こども(H26)

ふるさとお祭りにぎわい寄附金                     

まつり(H26)

会場をうきはをまるごと体験できる

テーマパークと見立て、
うきはアリーナで開催した

「うきうきランド」や

「うきはよさこい祭り」など、
大人や子どもがお祭りを通して

共に笑顔になれるような
取り組みを行いました。

その他、教育環境の整備やまちを綺麗にする活動などに

ご寄付を使わせていただきました。

 ホーム