総合トップへ
   ホーム  >  ふるさと納税 [ 基金の活用方法・用途 ]

ふるさと納税

  制度の概要  申込方法・申込フォーム  基金の活用方法・用途  寄付状況

 

◆選べる寄付金メニュー
うきは市では、寄付をしていただく皆さんの思いをまちづくりに生かせるよう、「まごころ寄付」に5つのメニューを準備しました。

 

 

(1) ふるさと人材だいじに寄附
将来を担う若い人材を育て、皆が互いに認め合い大切にされる地域づくりに役立てます。

 

(2) ふるさと産業いきいき寄
活力にあふれ、まち全体がにぎわうために、農業・林業・商工業・観光業の振興に役立てます。

 

(3) ふるさと福祉すこやか寄附
高齢者や障がいのある人も、誰もが健康で生き生きと暮らすための健康・福祉対策に役立てます。

 

(4) ふるさと暮しまもろう寄附
美しい自然や町並みを守り、快適に暮らせる安心・安全なまちづくりのための環境整備事業に役立てます。

 

(5) ふるさと市長おまかせ寄附
ふるさと・うきはの発展のために、市長が特に必要と考える事業に使わせていただきます。

 

 

 

平成29年度中に皆様からいただいた寄附は

                            貴重な財源として大切に使わせていただきました。


 


 

(1)ふるさと人材だいじに寄付

 

タブレット

 

 

全小学校6年生用にタブレットを216台購入しICT教育の推進を行いました。子どもたちの授業への意欲を高め、主体的・対話的に学習に取り組む環境を整えています。

(2)ふるさと産業いきいき寄付


森林

 

うきは市の総面積の約半分は森林が占めています。この森林は、大気を浄化し、都市圏の水のふるさととなり、森林セラピーの場として多くの来訪者の心と身体を癒しています。

   しかし、林業の衰退・山村の過疎化、高齢化により、林業の担い手が不足し森林が健康な姿を保つことが難しくなっています。                                                    そこで、森林の下刈り・間伐などの管理を行い、森林の保全を行いました。

 

 

 

道

 

 

 

森林管理の効率化を図るため、森林基幹道姫治線を整備しました。


 

 


 

 


     祭り1      

祭り2

 

 

うきはをまるごと体験できるテーマパークと見立て、うきはアリーナで開催した「うきは祭り」や「うきはよさこい祭り」など、大人や子どもがお祭りを通して共に笑顔になれるような取り組みを行いました。

 


 

 

(3)ふるさと福祉すこやか寄付

券

・市内在住の65歳以上で介護サービスを利用していない方を対象に入浴補助券を交付しました。


・地域で見守りが必要な高齢者の中から希望により見守り台帳の登録を行い、安否確認や社会参加を促すなど地域の絆づくりを図りました。

 

(4)ふるさと暮しまもろう寄付

 

家

 

 

 

美しい景観を後世に伝えていくため、地域住民の協力を得ながら平成29年度中は11件(筑後吉井6件・新川田篭5件)の景観対策事業を行いました。


 

 

 

(5)ふるさと市長おまかせ寄付


バス

 

平成30年月末で姫治小学校が閉校し、4 月5 日に御幸小学校と統合しました。新川・田篭地区からの登下校するこどもたちを送迎するために、スクールバス(10 人乗りワゴン車)を購入しました。





 

 ホーム