総合トップへ
   ホーム  >  商工・産業  >  平成29年就業構造基本調査が始まります。

商工・産業


平成29年就業構造基本調査が始まります。

最終更新日 [2017年9月13日]  

  就業構造基本調査は、国が実施する統計調査のうち、統計法により特に重要なものとされる「基幹統計調査」です。

 

 

●調査の目的 

国民の就業・不就業の状態を調査し、我が国の就業構造を全国だけでなく、地域別に詳細に明らかにし、国や都道府県における雇用政策・経済政策などの各種行政施策立案の基礎資料を得ることや学術研究のために利用することを目的としています。

 

●調査対象

指定された調査区の中から選定した世帯に居住する15歳以上の世帯員

 

●調査の方法

調査員が調査票を世帯ごとに配布し、世帯がインターネットで回答する方法または調査員へ調査票を提出する方法により実施します。

 

●調査の期日

  • 平成29年10月1日(日)午前零時現在

調査票の配布は、9月末から行います。

 

 

調査対象になりました世帯には、9月末より随時調査員が調査票の配布に参りますので、ご回答をお願いいたします。

 また、調査対象世帯には以下のはがきを発送いたしますので、ご確認をお願いいたします。

 

 

    • 添付資料 見本 新しいウィンドウで(PDF:22.3キロバイト)


 

 

この情報に関するお問い合わせは
うきはブランド推進課
電話:0943-76-9059
ファックス:0943-77-5557
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 ホーム