総合トップへ
   ホーム  >  商工・産業  >  伐採及び伐採後の造林の届出制度

商工・産業


伐採及び伐採後の造林の届出制度

最終更新日 [2018年5月16日]  

 森林所有者などが森林の立木を伐採する場合、事前に伐採及び伐採後の造林の計画の届出を行うことが義務づけられています。
また、伐採後の造林が完了したときは、事後に伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況の報告を行うことが義務づけられています。
(平成28年5月の森林法改正により、平成29年4月以降、伐採及び伐採後の造林の計画の届出を行った方は、事後に市町村長への伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況の報告が必要となりました。)

 

 

添付資料 伐採及び伐採後の造林の届出等の制度 新しいウィンドウで(PDF:296.1キロバイト)

 

【届出の対象者】
森林所有者や立木を買い受けた者などです。
立木を伐採する者と伐採後の造林を行う者が異なる場合は、共同で提出します。


【提出期間】
(1)伐採及び伐採後の造林の届出:伐採を始める90日前から30日前まで
(2)伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告:造林を完了した日から30日以内

 

 

 

【届出・報告書の様式】
(1) 伐採及び伐採後の造林の届出
添付資料 伐採及び伐採後の造林の届出書様式 新しいウィンドウで(ファイル:22.4キロバイト)


(2)伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告
添付資料 伐採及び伐採後の再造林に係る状況報告書様式 新しいウィンドウで(ワード:43キロバイト)

 

【留意事項】
市町村長が、市町村森林整備計画に適合した施業が行われるよう、届出があった計画に対し変更や遵守を命じることがあります。
また、無届で伐採した場合等には、市町村長が伐採の中止及び造林を命じることがあるほか、100万円以下の罰金等が処せらせることがあります。

 


 

 

 

この情報に関するお問い合わせは
農林振興課
電話:0943-75-4975
ファックス:0943-75-3114


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 ホーム