総合トップへ
   ホーム  >  子育て  >  産後ケア事業のご案内

子育て


産後ケア事業のご案内

最終更新日 [2018年10月3日]  

産後、「家族などの手助けがない」「体調がすぐれない」などのご心配はありませんか?
うきは市では、産後に安心して育児していただくため、生後4カ月未満の赤ちゃんとお母さんを対象に、産婦人科の医療機関の施設でお母さんがゆっくりしてもらいながらケアは相談を受けられる「産後ケア事業」を実施します。

 


【利用できる方】
うきは市に住所がある生後4カ月未満の赤ちゃんとそのお母さんで、体調や育児に不安がある方。

 

【産後ケアの内容・利用料金等】
お母さんと赤ちゃんの体調に合わせて、ケアが受けられます。
●お母さんの休息、リフレッシュ ●母体ケア(乳房マッサージなど)
●授乳・沐浴の相談・指導    ●赤ちゃんの発育確認や相談など

※世帯の所得の状況によって自己負担額が異なります。減免を受ける場合は、それを証する書類も
提出する必要があります。また、利用料以外で、ケアに必要な費用がかかる場合があります。

★ショートステイ(1泊2日/昼・夕・朝食付)6泊7日まで利用可能 

 市民税課税世帯       :4,800円 
 市民税非課税世帯   :1,000円 
 生活保護世帯        :  無料

 
★デイサービス(日帰り/昼食付)7回まで利用可能

  市民税課税世帯        : 2,000円 
  市民税非課税世帯    :   300円 
  生活保護世帯            :  無料 

【利用できる施設】
深川レディスクリニック:久留米市田主丸町田主丸1-28 
TEL0943-72-1122

【利用までの流れ】
(1)申請書の提出
利用希望日の1週間前までに、保健課に申請書を提出してください。
※退院後すぐに利用したい場合は、妊娠32週以降から申請が可能です。

この場合、産院等が産後ケア事業受託事業者であることが前提です。
  ◎持参するもの:親子健康手帳、本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)
             同一世帯以外の人が申請する場合は、委任状が必要です。
   ※申請書様式は、こちらからもダウンロードできます。


(2)保健師・助産師との面談(30分~1時間程度)
現在の体調や、ご家庭の状況、受けたいケアの内容などの確認のため、保健師・助産師との面接を受けていただきます。

また、状況に応じて、入院・出産した病院等に、妊娠中や産後の経過について確認させていただきます。

(3)利用施設の調整
面接の内容等をふまえ、利用を希望する施設が利用可能かどうか、担当者が確認を行います。

利用可能かどうか、事前に施設にお問い合わせしないようお願いします。

(4)産後ケア事業利用(承認・不承認)通知書の送付
 申請内容を審査し、その結果を通知します。

産後ケアの利用が可能な場合は、保健課から「産後ケア事業利用承認通知書」が届きます。

利用できない場合は「産後ケア事業利用不承認通知書」が届きます。
また、利用施設から、利用日時や内容、持参するもの等、事前説明の連絡があります。
 ※利用内容の変更や中止をする場合は、利用日の前々日の16時までに保健課へ連絡してください。
 ※連絡なく、変更・中止した場合は、産後ケア事業を利用したとみなし、利用料等を利用施設にお支払いしていただく場合があります。

(6)ショートステイまたはデイサービスを利用します。
 母子健康手帳、産後ケア事業利用承認通知書、お母さんと赤ちゃんの健康保険証、
こども医療証、その他利用施設から案内があった持ち物を持参してください。

 ※利用中、不安なこと、相談したいことがあれば施設のスタッフへご相談ください。
 ※利用終了後は、体調などの確認のために、保健師などから連絡することがあります。



 

この情報に関するお問い合わせは
保健課
電話:0943-75-4960
ファックス:0943-75-4963


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 ホーム