総合トップへ
   ホーム  >  ライフイベント [介護・病気]  >  介護保険料について

介護・保険


介護保険料について

最終更新日 [2018年5月17日]  

65歳以上(第1号被保険者)の方の介護保険料

介護保険料は、所得に応じて基準額の0.5倍から2.5倍までの25段階に区分されます。

 

【30~32年度介護保険料

所得段階 対象者 算定
方法
年間
保険料額
第1段階 本人及び世帯員全員が市町村民税非課税 (1)生活保護の受給者
(2)老齢福祉年金受給者
(3)公的年金等収入額と合計所得金額等(※1)の合計額が80万円以下の方
基準額
×0.45
33,463
第2段階 公的年金等収入額と合計所得金額等(※1)の合計額が80万円を超え120万円以下の方 基準額
×0.75
55,771
第3段階              〃            の合計額が120万円を超える方 基準額
×0.75
55,771
第4段階 本人が市町村民税非課税だが世帯の中に市町村民税課税者がいる              〃            の合計額が80万円以下の方 基準額
×0.90
66,925
第5段階              〃            の合計額が80万円を超える方 基準額 74,361
第6段階 本人が市町村民税課税 合計所得金額から特別控除額(※2)を引いた額が120万円未満の方 基準額
×1.20
89,233
第7段階           〃          を引いた額が120万円以上200万円未満の方 基準額
×1.35
100,387
第8段階           〃          を引いた額が200万円以上300万円未満の方 基準額
×1.60
118,978
第9段階           〃          を引いた額が300万円以上320万円未満の方 基準額
×1.65
122,696
第10段階           〃          を引いた額が320万円以上340万円未満の方 基準額
×1.70
126,414
第11段階           〃          を引いた額が340万円以上360万円未満の方 基準額
×1.75
130,132
第12段階           〃          を引いた額が360万円以上380万円未満の方 基準額
×1.80
133,850
第13段階           〃          を引いた額が380万円以上400万円未満の方 基準額
×1.85
137,568
第14段階           〃          を引いた額が400万円以上420万円未満の方 基準額
×1.90
141,286
第15段階           〃          を引いた額が420万円以上440万円未満の方 基準額
×1.95
145,004
第16段階           〃          を引いた額が440万円以上460万円未満の方 基準額
×2.00
148,722
第17段階           〃          を引いた額が460万円以上480万円未満の方 基準額
×2.05
152,440
第18段階           〃          を引いた額が480万円以上500万円未満の方 基準額
×2.10
156,158
第19段階           〃          を引いた額が500万円以上520万円未満の方 基準額
×2.15
159,876
第20段階           〃          を引いた額が520万円以上540万円未満の方 基準額
×2.20
163,594
第21段階           〃          を引いた額が540万円以上560万円未満の方 基準額
×2.25
167,312
第22段階           〃          を引いた額が560万円以上580万円未満の方 基準額
×2.30
171,030
第23段階           〃          を引いた額が580万円以上600万円未満の方 基準額
×2.35
174,748
第24段階           〃          を引いた額が600万円以上800万円未満の方 基準額
×2.40
178,466
第25段階           〃          を引いた額が800万円以上の方 基準額
×2.50
185,903

 

(※1)合計所得金額等とは・・・「合計所得金額-特別控除額(※2)-年金所得額」です。この金額が0円以下の場合は0円とみなします。

(※2)特別控除額とは・・・長期譲渡所得及び短期譲渡所得に係る特別控除額のことです。具体的には次の(1)~(7)となります。
(1)収容交換等のために土地等を譲渡した場合の5,000万円(最大)
(2)特定土地区画整理事業や被災地の防災集団移転促進事業等のために土地等を譲渡した場合の2,000万円(最大)
(3)特定住宅地造成事業等のために土地等を譲渡した場合の1,500万円(最大)
(4)農地保有の合理化等のために農地等を売却した場合の800万円(最大)
(5)居住用財産を譲渡した場合の3,000万円(最大)
(6)特定の土地(平成21年及び平成22年に取得した土地等であって所有期間が5年を超えるもの)を譲渡した場合の1,000万円(最大)
(7)上記の(1)から(6)のうち二つ以上の適用を受ける場合の最高限度額5,000万円(最大)

  

あなたの収入段階がわかるフロー図をご覧ください。


    

65歳以上(第1号被保険者)の方の介護保険料の納め方

原則として年金から納めますが、年金額等によって納め方が大きく2種類に分かれています。第1号被保険者として納める保険料は、65歳になった月(65歳の誕生日の前日が属する月)からの分です。

1.年金額が年額18万円(月額1万5千円)以上の人

特別徴収(年金からの差し引き)

年金の定期払い(年6回)の際に、2ヶ月分の介護保険料をあらかじめ差し引かれます。

※老齢福祉年金は、年金からの差し引きの対象となりません。

※年金額が、年額18万円以上の方でも、次の場合は、特別徴収に切り替わるまで、

 納付書又は口座振替で納めます。

・年度の途中で65歳(第1号被保険者)になったとき

・年度の途中で他の市町村から転入したとき

・年度の途中で保険料額や年金額がかわったとき

2.年金額が年額18万円(月額1万5千円)未満の人

普通徴収で納めます。

納付書又は口座振替で、介護保険料を納めます。

40歳から64歳(第2号被保険者)までの方の介護保険料と納め方

健康保険・共済組合に加入している方

保険料

○保険料は給料に応じて異なります。
○保険料の半分は事業主が負担します。
○第2号被保険者の被扶養者は、個別に納める必要はありません。

保険料の納め方

○給料から天引きとなります。

国民健康保険に加入している方

保険料

○保険料は40歳から64歳までの方の所得や資産などによって決まります。
○保険料の半分は国が負担します。

保険料の納め方

○国民健康保険税に介護保険料を上乗せして国民健康保険税として世帯主の方に納めていただきます。

この情報に関するお問い合わせは
保健課
電話:0943-75-4960
ファックス:0943-75-4963


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム