総合トップへ
   ホーム  >  ライフイベント [介護・病気]  >  利用できる介護サービスについて

介護・保険


利用できる介護サービスについて

最終更新日 [2011年3月20日]  

介護認定を受けた方は、介護サービスを受けるために介護サービス計画(ケアプラン)の作成が必要です。作成には、介護を必要とする方が、ケアプラン作成事業者を選んでいただき、どんなサービスが必要か、あるいは受けられるかを相談し、介護サービス計画(ケアプラン)を立てていただくことが必要となります。


以下に、ご利用できる主な介護サービスを掲載しております。(これ以外のサービスもありますので介護保険担当にご相談ください)

自宅を訪問するサービス

訪問介護

(ホームヘルプサービス)

ホームへルパーが自宅を訪問して入浴、排せつ、食事などの介護をします。

訪問入浴介護

浴槽を積んだ入浴車などが自宅を訪問し、入浴の介護を行います。

訪問看護

看護師などが自宅を訪問して看護などを行います。

訪問リハビリテーション

理学療法士や作業療法士などが自宅を訪問し機能訓練(リハビリ)を行います。

居宅療養管理指導

医師、歯科医師、薬剤師などが自宅を訪問し療養上の管理や指導をし療養上の管理や指導を行います。

 

日帰りで施設に通うサービス

通所介護(デイサービス) デイサービスセンターなどに通い、入浴・食事の提供などが受けられます。
通所リハビリテーション(デイケア) 老人保健施設や医療機関などで機能訓練などのサービスが受けられます。
 

施設に短期間入所するサービス

短期入所生活介護(ショートステイ) 特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)などの福祉施設に短期間入所し、日常生活の介護や機能訓練が受けられます。
短期入所療養介護(ショートステイ) 介護老人保健施設や介護療養型医療施設などに短期間入所し、医学的な管理のもとで看護や機能訓練、日常生活の介護などが受けられます。

 

施設サービス(要支援と認定された方は利用できません)

介護老人福祉施設
 (特別養護老人ホーム)

日常生活で常に介護が必要な人で、在宅での適切な介護が困難な場合に入所し、必要な介護サービスが受けられます。

介護老人保健施設
 (老人保健施設)

病気やけがなどの治療後、リハビリテーションなどを必要とする人が入所し、医学的管理下における介護、看護、リハビリテーションなどが受けられます。

介護療養型医療施設
(療養型病床群など)

長期にわたって療養が必要な人が入所し、療養上の管理、看護、医学的管理下における介護などの世話、リハビリテーションなどが受けられます

 

この情報に関するお問い合わせは
保健課
電話:0943-75-4960
ファックス:0943-75-4963


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム