総合トップへ
   ホーム  >  更新情報  >  【注意喚起】水没・破損した太陽光発電設備による感電防止について

くらし


【注意喚起】水没・破損した太陽光発電設備による感電防止について

最終更新日 [2019年6月24日]  

■注意

局地的な豪雨や台風に伴う大雨により、太陽光発電設備が浸水・破損などの被害を受けることがあります。太陽光発電設備は、浸水・破損した場合であっても光が当たれば発電することが可能で、接近または接触すると感電する恐れがあります。また、有害物質が流出する場合もあります。

 

浸水・破損した太陽光発電設備にはむやみに近づかないよう十分にご注意ください。

 

 

 

 (参考情報)

 平成29年7月6日付け経済産業省「水没した太陽電池発電設備による感電防止についての お願い(周知)」
 http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2017/07/290706-01.html

 


 

この情報に関するお問い合わせは
企画財政課
電話:0943-73-9152
ファックス:0943-75-5509


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム