総合トップへ
   ホーム  >  更新情報  >  うきはの地下水について

くらし


うきはの地下水について

最終更新日 [2019年8月7日]  

私たちが毎日使っている水はすべて地下水です。その豊かな「恵水(めぐみ)」をまもり、受けつぐために。

 私たちにとって水は、生命の源であり、日々の生活や地域産業にとって欠かすことのできない存在です。豊かな地下水が人々の暮らしを潤すうきはは、地下水だけで生活用水がまかなわれている、全国でも非常に珍しい「水のまち」です。耳納山地と阿蘇山を水源とする筑後川水系から滲み出る豊富で良質な地下水は、古くからこの地域の暮らしを支え、「うきはの恵水」として様々な形で私たちに恩恵を与えてきました。その恩恵を将来も受け続けるには私達が、うきはの地下水について現状を知る必要があり、何ができるか考えていくことが大切です。ここではうきはの地下水に関する情報や、地下水を保全する取り組みについて紹介します。


1.うきはの恵水(めぐみ)とは

うきはの恵水とは


2.うきはの地下水のゆくえ

 下の図では、うきはの地形をもとに、水の動き、地下水の仕組みについて知ることができます。

地下水のゆくえ



3.みんなが使っている水の「いま」と「みらい」を知る

地下水のQ&A


Q1


Q2

Q3

Q4

Q5

Q6



4.地下水を守るための取組み

(1)地下水保全のためのモニタリング調査

   平成28年から3年間、本格的な地下水の調査をしてきましたが、うきは市の地下水を継続的に把握、保全していくため、引き続き市内各地域の地下水・河川の水質調査及び地下水位の観測を行っていきます。地下水については各校区のコミュニティーセンター、各行政区の公民館等を毎年水質検査を行います。河川については、巨瀬川・隈の上川・美津留川・大石用水・小塩川・井延川流域で複数箇所採水し、水質検査を行います。地下水位については季節によって水位が変動しますので、水位を測定する機械を観測井に設置し、年間を通して調査を行います。浮羽町内2箇所、吉井町内1箇所で測定を行います。


 ※地下水の検査結果のデータ(数値)については、その近隣地域の水質状況のすべてを表すものではありません。



【地下水水質検査項目】

水温、一般細菌、大腸菌、カドミウム、水銀、セレン、鉛、ヒ素、六価クロム化合物、亜硝酸態窒素、シアン化物イオン及び塩化シアン、硝酸態窒素、フッ素、テトラクロロエチレン、塩化物イオン、亜鉛、鉄、銅、マンガン、硬度、蒸発残留物、陰イオン界面活性剤、フェノール類、有機物等、PH値、味、臭気、色度、濁度




(2)一般飲料水(家庭用井戸水)水質検査のあっせん

   市内には水質検査機関がなく、市が窓口となってあっせんを行うことによって、簡単に水質検査を受けることができる機会を提供するとともに、検査手数料の低減をはかることを目的としています。


・検査実施機関:株式会社 太平環境科学センター

・検査項目及び金額

検査項目及び金額

・実施スケジュール(予定) 

スケジュール(予定)

・受付方法

受付場所 : 水資源対策室(うきは市役所2階)、

                     浮羽市民課(うきは市民センター2階)

受付時間 : 9:00~17:00

1.「申込用紙」を記入。

2.「検査を申し込まれた方へ」と「採水に当たっての注意事項」を受け取る。

 ※容器回収の際「検査を申し込まれた方へ」を持参すること。

3.「大きい容器1つ」と「小さい容器2つ」の計3つ受け取る。


・容器回収+料金徴収について

回収場所 : 吉井庁舎1階ロビー  ※回収は吉井庁舎のみ。

回収時間 : 9:00~11:30

※注意事項をよく読んで採水を行うこと。

※回収日、時間、場所、を確認し、お釣りのないよう検査料金を持参する。


・結果通知について

検査結果は太平環境科学センターから直接申込者宅に2部郵送で通知される。(概ね2週間程度で通知がある)



(3)うきは市地下水の保全に関する条例


   河川や地下水も含めた水の循環を維持、回復するための施策を推進する「水循環基本法」が平成26年3月に成立し同年7月から施行されました。21世紀は「水の世紀」とも呼ばれ、基本法は、水を「国民共有の貴重な財産」と位置づけ、国や自治体が保全策を講じる責務を明記しています。これを受けて、うきは市ではいち早く全国に先駆けて条例制定に取り組みました。

   地下水の保全を図るため、「うきは市地下水の保全に関する条例」が新たに制定され、平成27年1月1日より施行されています。


次の条件に該当する場合は事前に水資源対策室に届出が必要です。

・条件

1日当たり最大10立方メートル(10トン)以上の地下水を採取し、または採取しようとする方(一般家庭用水として用いる場合は除く。)

・届出の時期

地下水採取施設の設置工事開始の日の30日前まで


地下水保全について









外部リンク

・水循環政策本部

 https://www.kantei.go.jp/jp/singi/mizu_junkan/

・国土交通省水管理国土保全局水資源部

 http://www.mlit.go.jp/mizukokudo/index.html

・環境省水・大気環境局 

 http://www.env.go.jp/water/index.html

・環境省 ウォータープロジェクト 

 http://www.env.go.jp/water/project/

・福岡県環境部環境保全課

 http://www.pref.fukuoka.lg.jp/soshiki/1900200/

・福岡県土整備部水資源対策課

 http://www.pref.fukuoka.lg.jp/soshiki/4801104/


この情報に関するお問い合わせは
水資源対策室
電話:0943-75-4986
ファックス:0943-75-5509
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム