総合トップへ
   ホーム  >  商工・産業  >  チョウザメが調音の滝公園にやってきました!

商工・産業


チョウザメが調音の滝公園にやってきました!

最終更新日 [2015年6月9日]  

 まちおこしに取り組んでいるうきは市チョウザメ研究チームが、7月14日、調音の滝公園そうめん流しの池に、チョウザメ5匹を放し、飼育し始めました。チョウザメは、古代魚とも言われ、硬いウロコがチョウの形、全体的な形がサメに似ているので名づけられていますが、おとなしい魚です。6年物のチョウザメは130cmあり、調音の滝を訪れる方の目を楽しませてくれそうです。

※チョウザメは、チョウザメ目チョウザメ科の魚の総称、あるいはその中の一種でかつて日本にも分布したAcipenser medirostris Ayres,1854の和名。いわゆる古代魚とされる分類群のひとつでもある。

チョウザメは、サメ(鮫)ではありません。

 

●うきはブランド推進課 地域振興係 電話76-9059、ファクス77-5557

 

 古代魚 チョウザメ  調音の滝公園の池にいます

 

6年物のチョウザメ 調音の滝

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム