総合トップへ
   ホーム  >  教育・人権  >  うきは市の特色ある教育

教育・人権


うきは市の特色ある教育

最終更新日 [2017年12月13日]  

新着情報

2017.11.22 浮羽中学校が学校給食優良学校表彰「優良賞」を受賞

2017.12.12   「うきは市の特色ある教育」のホームページが開設

 

1 学力向上の取組

 「チームうきはで鍛えて、ほめる」を合い言葉に学力向上に取り組んでいます。

 ☆小学校と中学校が連携した3つの取組

  ◇「めあて」→「活動」→「まとめ」がつながる授業の展開

  ◇学習規律の徹底(うきは市学習規律7ヶ条)

  ◇家庭学習忘れ「0」、プラス1ノートの取組

 プラスワンノート  プラスワンノート検定の様子
 【プラスワンノート】        【プラスワンノート検定の様子】 

 

 ☆外国語教育の推進

  学習指導要領改訂による外国語教育導入の早期化に伴い、タブレット等のICT機器を活用した音声指導やALTの先生とのティームティーチングによる授業づくりに力を入れています。

 タブレットを活用した外国語活動の授業の様子             ALTの先生との英語の授業の様子
【タブレットを活用した外国語活動の授業の様子】  【ALTの先生との英語の授業の様子】

 

 ☆「ICT教育」の推進

  小・中学校にタブレットを導入するとともに各教室のテレビモニターに「アップルTV」を設置しています。また、子どもたちからの発信を助け、共有、蓄積して学び合うことができるように、「ロイロノート」を使用しています。このシステムを構築することで、新しい双方向の授業を実現することができ、子どもたちの授業への意欲を高め、主体的・対話的に学習に取り組む環境を整えています。

 タブレットを活用した授業の様子1 タブレットを活用した授業の様子2 タブレットを活用した授業の様子3
【タブレットを活用した授業の様子】 

2 心の教育の推進

 志をもって、自ら学び、ともに心豊かにたくましく生きる子どもの育成に取り組んでいます。

 ☆人権・同和教育

  同和問題啓発強調月間や人権週間等における人権・同和教育を通して、人を大切にする「人権のまちづくり」を進めています。また、「人権フェスティバル」への参加等を行っています。

 人権フェスティバルで発表する児童・生徒の様子1 人権フェスティバルで発表する児童・生徒の様子2 人権フェスティバルで発表する児童・生徒の様子3
【人権フェスティバルで発表する児童・生徒の様子】 

 

 ☆学校動物飼育

  子どもたちは、動物たちと直接ふれあい、世話をする体験を通して、「生命尊重」や「役割と責任の自覚」等について学ぶために、小学校で、動物飼育を実施しています。

 獣医師を招いた学校動物飼育に関する授業の様子

 【獣医師を招いた学校動物飼育に関する授業の様子】

 

 ☆合唱コンクール、吹奏楽コンクールへの参加

  いろいろな音楽を鑑賞したり、表現したりする、合唱コンクールを開催したり、中学校の吹奏楽部が福岡県のコンクールに参加したりしています。

 合唱コンクールの様子

 【合唱コンクールの様子】

 

 ☆児童会・生徒会合同会議

  子ども自身がうきは市の学校のよさや課題を理解し、よりよい学校生活を送るために、児童会と生徒会が連携して取り組むことができるように、児童会・生徒会合同会議を実施しています。

 児童会・生徒会合同会議の様子

 【児童会・生徒会合同会議の様子】

 

 ☆スマホ宣言

 PTA等と連携し、全小・中学校で「スマホに係る家庭教育宣言」の取組を行っています。

 スマホに係る吉井中新家庭教育宣言

【スマホに係る吉井中新家庭教育宣言】

 

3 体力向上の取組

 子どもたちが運動やスポーツに親しむとともに、自ら体力の向上を図るために、発達段階に応じ、身体能力を高める授業づくりや体力向上に係る運動の習慣化を促進しています。

 ☆「1校1取組」運動

  各学校で体力向上プランに基づく「1校1取組」運動を実践しています。

 山春小学校の長縄飛びの様子

 【山春小学校の長縄飛びの様子】

 

 ☆市民ロードレース・マラソン大会

  小学生を対象としたマラソン大会と、中学生も参加する5人1組で約11キロを走る駅伝の2種目を開催しています。

 マラソン大会の様子

 【マラソン大会の様子】

 

 ☆部活動(体育部・文化部)

  中学校の部活動は、体力の向上や健康の増進、マナーやルールを守る態度等を育成する上でたいへん意義のあるものです。いろんな部活動が中体連大会等でも活躍しています。詳しくは、下記の学校ごとのホームページをご覧ください。

 中体連大会で獲得した優勝旗

 【中体連大会で獲得した優勝旗】

 

4 学校ごとに特色のある教育を実施

 うきは市には、小学校10校、中学校2校があり、うきは市が目指す教育の姿「志をもって、自ら学び、ともに心豊かにたくましく生きる子ども」を目指し、それぞれの学校ごとに特色ある教育を実践しています。

 

 

 各小学校ホームページ

 ・千年小学校

 ・吉井小学校

 ・福富小学校

 ・江南小学校

 ・小塩小学校

 ・姫治小学校

 ・山春小学校

 ・妹川小学校

 ・大石小学校

 ・御幸小学校

 各中学校ホームページ

 ・吉井中学校

 ・浮羽中学校

 

5 食育の推進

 全ての小・中学校で自校方式による学校給食を提供しています。食育推進のため、地産地消の推進や弁当の日の設定など、毎日の給食が「生きた教材」となるように取り組んでいます。また、中村学園大学と連携を図り地産食材である「柿」を使った給食レシピの提供を試行したりしています。

 衛生管理を徹底し、安全・安心でおいしい学校給食に取り組んでいます。

 ランチルームでの給食の様子 子どもたちのMy弁当の日の作品

【ランチルームでの給食の様子】 【子どもたちのMy弁当の日の作品】

 

6 読書活動の推進

 読書に親しむことを通じて豊かな感性や創造力を育むために、幼、保、小・中学校と市立図書館の連携を図っています。また、小学生読書活動推進リーダーの育成を行っています。

 小学生読書リーダー養成講座の様子        読書リーダーとなった子どもたち

【小学生読書リーダー養成講座の様子】 【読書リーダーとなった子どもたち】 

7 地域・関係機関との連携

 ☆教育相談部会等の実施

  不登校の未然防止や不登校の児童生徒に対して組織的な取組を行うために、毎週1回外部機関と連携した教育相談部会を実施しています。

 中学校における教育相談部会の様子

【中学校における教育相談部会の様子】 

8 うきは市民大学

 高度化、多様化する市民の学習ニーズに応えるために「うきは市民大学」を開校し、「子ども未来学部」「いきいき学部」「一般教養学部」「地方創生学部」「男女共同参画学部」の5つの学部を開設して、よりよい学習環境を提供しています。

 ☆「寺子屋」の活動(子ども未来学部)

  子ども未来学部では、小学生全学年を対象に、基礎学力の向上や学習習慣の定着を目指し、浮羽究真館高校の生徒や久留米大学の学生の支援も受け、土曜日に「寺子屋」を行っています。

 寺子屋で学習する子どもの様子

【寺子屋で学習する子どもの様子】 

 

 ☆体験活動(子ども未来学部)

  夏休み自然体験学習として壱岐島との交流や困難克服体験等の体験活動を実施しています。

  壱岐島でのカヌー体験の様子 うきは市での鷹取山登山の様子
【壱岐島でのカヌー体験の様子】【うきは市での鷹取山登山の様子】

 

9 文化芸術活動

 子どもたちが文化芸術に慣れ親しむことができるように、芸術鑑賞会やうきは市中学校音楽祭等を実施しています。
うきは市中学校音楽会の様子
【うきは市中学校音楽会の様子】

この情報に関するお問い合わせは
学校教育課
電話:0943-75-4950
ファックス:0943-76-4724


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム