総合トップへ
   ホーム  >  教育・人権  >  新川・田篭地区〈伝統的建造物群〉保存対策報告ダイジェスト版

教育・人権


新川・田篭地区〈伝統的建造物群〉保存対策報告ダイジェスト版

最終更新日 [2012年3月8日]  

 うきは市新川・田篭地区には、日本棚田百選に選ばれた「つづら棚田」ほか多くの棚田があります。また、国の重要文化財に指定されている「平川家住宅」をはじめとして、茅葺き民家や伝統的瓦葺き民家がたくさん残り、それらが谷に沿って連続する魅力的な景観が見られます。

 

 市では、平成20年度から平成21年度に、この地区に残る茅葺き民家や築50年以上の伝統的瓦葺き民家を対象に、九州大学の菊地成朋先生に依頼し、伝統的建造物保存群保存対策調査を実施しました。この報告書のダイジェスト版を掲載します。どうぞごらんください。

 

 

この情報に関するお問い合わせは
生涯学習課
電話:0943-75-3343
ファックス:0943-76-4724


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム