総合トップへ
   ホーム  >  健康・福祉  >  子どもを対象としたインフルエンザの予防接種について

健康・福祉


子どもを対象としたインフルエンザの予防接種について

最終更新日 [2017年10月4日]  

 

   子どもを対象とした、インフルエンザの予防接種についてお知らせします。

   インフルエンザは恐い感染症です。インフルエンザに感染すると肺炎を伴うなど、重症化することがあります。例年、1月上旬から3月上旬にかけて全国的に流行しています。流行を防ぐには一人一人が予防に対する意識を強くもつことが大切です。

  予防接種の効果が現れるのに1か月程度かかりますので、早めに接種することをお勧めします。

 

 

 ◆対象者

 うきは市に住民登録があり、以下の接種期間内に生後6か月~中学3年生の者

 

 ◆接種期間

     10月1日~翌年1月31日まで

   接種期間

 

 ◆接種方法

 下表の医療機関にあらかじめ接種の可否を確認し、予約の上、接種を受けてください。医療機関での自己負担は、各医療機関が定める接種料金から上記に定める助成額を差し引いた金額となります。

 

 ◆医療機関

インフルエンザ医療機関一覧


 ◆上記医療機関以外で予防接種を受けた場合

 里帰り出産等で、上記医療機関以外でインフルエンザ予防接種受けた場合、当該年度の

3月31日までに、必要な書類を揃えて申請すれば償還払いができます。

  (接種期間、助成金額・回数は上記と同じです)

 

 

 ○必要な書類

  ・ 領収書(接種者名、接種日、窓口負担額が記載されたもの)

  ・ 季節性インフルエンザ任意予防接種費用支給申請書 新しいウィンドウで(PDF:85キロバイト)

        (保健課窓口でも配布しています

     ・ 振込先口座が確認できる書類(通帳の写し等)

 

 

 


 

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム