総合トップへ
   ホーム  >  健康・福祉  >  医療に関すること

健康・福祉


医療に関すること

最終更新日 [2013年6月21日]  

更生医療の給付を受けるときは

更生医療とは
更生医療は、一般医療によってすでに治癒した障がい者に対し、その日常生活能力または、職業能力を回復し、もしくは獲得させることを目的として行うものです。

たとえば....
動かなくなった関節を動くようにする手術
義肢の適合具合をよくする手術
視力の低下を防ぐ手術(白内障・角膜移植術)
心臓手術、人工透析など


この制度を受けると
心臓手術など高額療養費に相当する療養について、医療機関の窓口で 自己負担を要することなく受療できます。ただし、本人または扶養義務者の所得によっては一部負担がかかることがあります。

手続きの仕方
市役所 福祉事務所 福祉係(TEL0943-75-4961)にて、印鑑と身体障がい者手帳を持参のうえ申請してください。

◎ 18歳未満の身体障がい児の場合「育成医療」があります。
身体に障がいのある児童または現存する疾患がこれを放置すれば、将来 障がいに至ると認められる児童であって、確実な治療効果が期待できるもの。 

重度心身障がい者の医療費を減額するには

次のいずれかの条件に該当する場合に、医療費の自己負担額が減額される「障がい者医療証」を発行します。
身体障がい者手帳が1級または2級の方

療育手帳の判定が「A」の方

身体障がい者手帳が3級で且つ療育手帳を所持している方

乳幼児医療の支給を受けている人は該当しません。

手続きの仕方
 (1)
窓口は、市役所 保健課 国保係(TEL 75-4973)です。
 (2)
窓口で申請書用紙をもらって記入してください。
 (3)
申請の際に健康保険証・身体障がい者手帳又は療育手帳・印鑑を持ってきてください。

診療を受けるときは
申請をすると「障がい者医療証」を発行しますので病院などで診療を受けるときはこの医療証と健康保険証を併せて窓口に提出してください。

この情報に関するお問い合わせは
福祉事務所
電話:0943-75-4961
ファックス:0943-75-4963


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム