総合トップへ
   ホーム  >  健康・福祉  >  障害者就労施設等からの物品等の調達の推進を図るための方針(調達方針)

健康・福祉


障害者就労施設等からの物品等の調達の推進を図るための方針(調達方針)

最終更新日 [2017年2月24日]  

障害者就労施設等からの物品等の調達の推進を図るための方針(調達方針) 

 

 うきは市では、障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律(平成24年法律第50号。以下「障害者優先調達推進法」という。)第9条第1項の規定に基づき、平成27年度における障害者就労施設等からの物品等の調達の推進を図るための方針(以下「調達方針」という。)を定めましたので、同法第9条第3項の規定に基づき、公表します。

 


平成28年度の調達方針

 平成25年度から行っている高齢者見守り事業(安心生活創造事業)の中で、見守り対象者である高齢者に毎日の声かけを行うオペレータの業務を障害者支援施設(就労継続支援B型)に委託します。同事業は、過疎化ならびに高齢化が進む地域での高齢者見守りを推進していく有効な手段であり、今後も継続していく方針です。
 さらに、物品の購入については、慰霊式で参列者に配布する記念品、自殺対策啓発として配布するグッズを障害者支援施設より購入します。他にも市のイベントで配布する品物等で購入可能なものがあれば随時対応していく予定です。その他、清掃・草刈り等の業務委託についても障害者支援施設等で受託可能なものがあれば随時対応していきます。
 

 

平成28年度の調達予定額

 平成27年度に障害者支援施設等に業務委託を予定している金額は、以下のとおりです。

 

慰霊式記念品             486,000円
安心生活創造(地域支え合い)事業  1,783,200円
自殺対策啓発用グッズ         100,000円

 

平成27年度の実績

 平成26年度に障害者支援施設等に業務委託を行った金額は、以下のとおりです。


慰霊式記念品             463,500円
安心生活創造(地域支え合い)事業  4,212,150円

 

調達推進体制
 「うきは市役所障害者優先調達推進プロジェクトチーム」を立ち上げて、年度ごとに調達方針を決定し、市役所内の担当者への啓発を行うとともに障害者支援施設に対しての継続的な物品等の調達ができる仕組み作りに取り組んでいきます。
 また、「うきは市地域障害者協議会」の就労部会に参加している障害者支援施設と委託業務についての研究を深め、受託可能な業務を増加できるよう併せて取り組んでいきます。

 

問合せ  福祉事務所 福祉係  電話0943-75-4961

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム