総合トップへ
   ホーム  >  くらし  >  うきは市公共施設等総合管理計画を策定しました

くらし


うきは市公共施設等総合管理計画を策定しました

最終更新日 [2017年3月14日]  

うきは市公共施設等総合管理計画を策定しました
-子や孫の世代まで持続可能な公共サービスの提供を実現するために-


 うきは市は、平成17年に旧浮羽町と旧吉井町が合併して誕生しました。
 合併前の2町で、それぞれに整備された多くの公共施設等は、合併により新市に引き継がれましたが、その中には同様の機能を持つ類似施設が重複して存在したり、環境等の変化により当初の設置目的や利用実態にそぐわなくなるなど、多くの課題を抱えています。
 本計画は、公共施設等を取り巻く環境の変化に対応し、持続可能な公共サービスの提供を実現するため、対象施設の状況に応じた更新費用等のシミュレーションを行い、将来的に必要な費用等を把握することにより、今後の公共施設等の最適な配置と管理運営に寄与するためのものです。
 この計画を実行するにあたっては、市民の皆様にご不便をおかけすることもあるかと存じますが、持続可能な公共サービスの提供のためご理解とご協力をお願いします。

計画の対象

本計画の対象施設は、市が保有・管理する全ての施設とし、庁舎、学校、文化・体育施設など「建物系施設」のほか、道路、橋りょうなどの「インフラ資産」を含むものとします。

計画期間

2017年度(平成29 年度)から2026 年度(平成38 年度)までの10 年間とし、以後も内容の充実を図りながら計画の見直しを実施します。

計画の内容

 

この情報に関するお問い合わせは
企画財政課
電話:0943-73-9152
ファックス:0943-75-5509


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム