総合トップへ
   ホーム  >  くらし  >  令和2年度 うきは市高齢者安全運転装置設置促進事業補助金

くらし


令和2年度 うきは市高齢者安全運転装置設置促進事業補助金

最終更新日 [2020年4月16日]  


  • 「令和2年度の申請受付は5月11日からです」

 

 令和2年度の申請受付は当初4月20日(月)を予定しておりましたが、国が福岡県に対し緊急事態宣言を行ったことを受け、感染拡大予防を図るため、5月11日(月)に変更いたします。

 

 

 高齢者に対する交通安全対策として、令和元年度に「うきは市高齢者安全運転装置設置促進事業補助金」を創設いたしました。令和2年3月に国が後付け急発進等抑制装置に対する補助(サポカー補助金)を開始したことにより、要綱の一部を改正し補助を実施いたします。

 国が実施しているサポカー補助金(車両補助、後付け装置補助)については、一般社団法人次世代自動車振興センターのホームページをご覧ください。なお、国と同一の補助対象経費と重複して補助を受けることはできません。

 

補助の対象者、要件及び、対象となる装置などは以下の通りです。


(対象者)
市内に住所を有し、安全運転装置を購入・設置した車両の車検証に記載された者。(※ただし、事業用・販売目的の車両は除く)


(要件)
・70歳以上
・市税に滞納がないこと
・免許証を所持(期限内)
・設置後3年以上使用すること

・同一の補助対象経費に対する他の補助と重複していないこと

(対象装置)
・急発進防止装置  添付資料 【別添】急発進防止装置 新しいウィンドウで(PDF:188.4キロバイト)

・安全運転支援機能を有するドライブレコーダー

 ※安全運転機能支援とは、先行車と接近し過ぎた際に警告音等で知らせ衝突を防止する機能や、走行中車線をはみ出した際に警告音等で知らせる機能など、安全運転を促す、もしくは補助する機能です。

 

(補助金額)
(1)費用の半分を補助。ただし、上限を20,000円とする。
(2)急発進防止装置とドライブレコーダーを同時に設置する場合は、上限額に15,000円を加算する。

 

うきは市高齢者安全運転装置設置促進事業補助金交付要綱

 


●問合せ

市民協働推進課 消防防災係 TEL75-4982

 

この情報に関するお問い合わせは
市民協働推進課
電話:0943-75-4982
ファックス:0943-75-5509
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム