総合トップへ
   ホーム  >  くらし  >  改元に伴う文書の取り扱いについて

くらし


改元に伴う文書の取り扱いについて

最終更新日 [2019年5月7日]  

 本市から発送する文書などの日付は、従来から原則として和暦を使用しています。
 4月1日に元号を改める政令が公布され、5月1日に施行されましたので、5月1日以降に市から発送する文書等については、原則として新元号「令和」を用いることとします。
 ただし、事務処理の時期の関係から、5月1日以後の日付の文書等であっても、新元号の記載が間に合わないため、「平成」と表記されることがあります。
 元号が改まった後においても「平成」と表記されている文書等については、法律的に効果が変わることはありませんので、有効なものとして取り扱います。
 なお、元号の修正のみを理由とした文書等の再発行や再発送は原則として行いませんので、文書などにおいて「平成」と表記される部分は、新元号に読み替えていただきますよう、ご理解とご協力をお願いします。
この情報に関するお問い合わせは
総務課
電話:0943-75-4980
ファックス:0943-75-5509


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム