総合トップへ
   ホーム  >  広報広聴  >  豪雨災害の被災者への温泉入浴の無料開放に係る利用期間の延長ついて(12月31日まで)

広報広聴

豪雨災害の被災者への温泉入浴の無料開放に係る利用期間の延長ついて(12月31日まで)

最終更新日 [2017年10月31日]  

今回の豪雨災害での被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

筑後川温泉・吉井温泉では、被災された方(朝倉市、東峰村の方)へ、下記の施設で温泉入浴を無料開放しているところです。

これについて、10月31日までとされていた無料開放期間を12月31日まで延長いたします。

 

 

 

 ただし、入浴に関しては次のルールを守ってください。

 

(1)入浴券(当日のみ有効)をお持ち下さい。1人1枚の利用です。
※期限を過ぎた券は使用できません。
※施設を選ぶことはできません。入浴券に記載された施設をご利用ください。

 

(2)入浴券は以下の避難所にて配布します。数に限りがありますので、ゆずり合って利用して下さい。
※券が無い場合は有料(300円~650円)となります。
・朝倉市指定避難所
・東峰村役場宝珠山庁舎

 

(3)温泉施設の衛生管理上、施設に入る前に必ず、泥などの汚れを落としてください。
※汚れがひどい場合は、着替えをお願いします。

 

(4)入浴時間は次のとおり。各施設には一般のお客様がいらっしゃいますので、時間厳守でお願いします。
昼の部  11時~15時
夜の部  18時~20時
*タオル・シャンプー・ボディーシャンプー・髭剃り等ご持参ください。

 

 

○温泉入浴無料開放施設

 

【筑後川温泉】5

・桑之屋   (TEL:0943-77-2148)

・ふくせんか (TEL:0943-77-3131)

・清乃屋   (TEL:0943-77-2188)

・虹の宿Hotel 花景色  (TEL:0943-77-2110)

・リバーサイド つるき荘 (TEL:0943-77-3181)

 

【吉井温泉】3

・咸生閣 (TEL:0943-75-2121

・ニュー筑水荘 (TEL0943-74-5555

・鶴は千年 (TEL0943-76-2639

※なお、「鶴は千年」は土日祝日のみの営業となっています。

 

【問い合わせ】

うきは市うきはブランド推進課ブランド戦略係TEL:0943-76-9029 

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム