総合トップへ
   ホーム  >  入札契約情報 [ 入札公告 ]   >  平成29年3月から適用する公共工事設計労務単価に係る特例措置について

入札契約情報

  入札公告  入札結果  発注予定  指名願  小規模修繕
  指名停止  関係様式

平成29年3月から適用する公共工事設計労務単価に係る特例措置について

最終更新日 [2017年3月6日]  

平成29年3月から適用する公共工事設計労務単価に係る特例措置について、以下のとおりとしますのでお知らせします。

 

【公共工事】

 平成29年3月1日以降に契約を締結する工事のうち、旧労務単価を適用して予定価格を積算しているものについては、受注者は新労務単価に基づく請負金額の変更契約の協議を請求することができます。

 

   変更後の請負代金額 = P × k

   P新 : 新労務単価及び当初契約時点の物価により積算された予定価格

   k  : 当初契約の落札率

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム