総合トップへ
   ホーム  >  方針・計画  >  第1次 うきは市交通安全計画(平成20年1月)

方針・計画

第1次 うきは市交通安全計画(平成20年1月)

最終更新日 [2011年2月28日]  

計画の基本的な考え方

 安全で安心な交通社会を実現するためには、高齢者、障がい者等を含む全ての人々が、相互理解と思いやりをもって行動する共生の社会形成を図ることが必要であり、人命尊重の理念に基づき、究極的には、交通事故のない社会を目指すべきであります。
 
 本計画は、交通安全対策基本法第26条に基づき「交通社会を構成する人間、車両等の交通機関及びそれらが活動する場としての交通環境という3つの要素について、それら相互の関連を考慮しながら、適切かつ効果的な施策を総合的に策定し、かつ、これを国民の理解と協力の下、官民一体となって強力に推進する。」という国における交通安全計画の基本的な考えや福岡県交通安全計画を踏まえて作成した計画であります。

 加えて、本計画は交通事故の現状を勘案し、平成20年度から平成22年度の3年間に講ずべき市内の交通安全対策として重点的に取り組むべき施策の方向を示したものです。

 今後の交通安全対策として、「少子高齢化社会における交通安全対策の推進」、「飲酒運転追放の推進」、「シートベルト及びチャイルドシート着用の徹底」、「交通安全教育の推進」、「市民参加型の交通安全活動の推進」の5つを重点施策として掲げました。

 これらの重点施策とともに、道路交通環境の整備等を実施し、交通事故の減少を目指します。

【概要】
 計画の基本的考え方・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P1
  第1章 道路交通の安全 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P2
    第1節 道路交通事故のすう勢と交通安全対策の今後の方向 ・・P3~P6
        1 道路交通事故のすう勢
        2 道路交通安全対策の今後の方向
        3 第1次うきは市交通安全計画における目標
    第2節 講じようとする施策 ・・・・・・・・・・・・・・・・P7~P15
        1 道路交通環境の整備
        2 交通安全思想の普及徹底
        3 安全運転の確保
        4 自転車の安全性の確保
        5 道路交通秩序の維持
        6 救助・救急活動体制等の整備
        7 損害賠償の適正化等

  第2章 踏切道における交通の安全 ・・・・・・・・・・・・・・・P16
    第1節 踏切事故のない社会を目指して ・・・・・・・・・・・P16
    第2節 踏切道における交通の安全についての対策 ・・・・・・P16~P17
        1 今後の踏切道における交通安全対策を考える視点
        2 講じようとする施策

  資 料・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P18~P25

 詳しい内容は、下のPDFを開いてご覧ください。

第1次 うきは市交通安全計画
添付資料 表紙・目次(P1・P2) 新しいウィンドウで(PDF:20.4キロバイト)


この情報に関するお問い合わせは
総務課
電話:0943-75-4980
ファックス:0943-75-5509


※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム