総合トップへ
   ホーム  >  観光・体験  >  筑後川・原鶴温泉きっぷ発売!

観光・体験

筑後川・原鶴温泉きっぷ発売!

2017年12月1日(金)

地元温泉組合と連携した復興支援施策
 筑後川・原鶴温泉きっぷ発売!
~豪華ランチと癒しの湯~

西日本鉄道(株)では、筑後川温泉旅館組合および原鶴温泉旅館協同組合と連携し、平成29年12月1日(金)から平成30年3月31日(土)までの期間限定で、「筑後川・原鶴温泉きっぷ」を発売します。

当きっぷは、うきは市・朝倉市にある地元温泉組合と連携し、九州北部豪雨災害の復興支援のため、被災地におけるにぎわい創出を目的として発売するものです。

当きっぷは、(1)福岡市内~杷木間の高速バス往復乗車券(2,420円)、(2)対象旅館での温泉入浴券(最大860円)と昼食券(3,000円相当)がセットになったもので、オトクに温泉とランチをお楽しみいただけるよう、1枚5,000円(税込)で発売します。そのほか、筑後川温泉各旅館ではワンドリンクサービス、原鶴温泉各旅館ではオリジナルシャンプー・リンスのプレゼントといった特典が付いています。

筑後川温泉はうきは市に位置し、全旅館源泉かけ流しの湯で、景観に恵まれた温泉地で、原鶴温泉は朝倉市に位置し、「W美肌の湯」と言われる、女性に嬉しい良質なお湯と個性豊かな湯船の温泉地で、す。両温泉地ともに九州北部豪雨災害に見舞われた地域ですが、現在では通常営業しており、美味しい料理や癒しの湯を満喫いただけます。

●この機会にぜひ、九州北部豪雨災害の復興支援として、当きっぷをご利用の上、豪華ランチと癒しの湯をご堪能ください。

■「筑後川・原鶴温泉きっぷ」                             
【発売期間】 平成29年12月1日(金)~平成30年3月31日(土)
            ※利用前日までに各旅館への電話予約が必要です。
            ※12月28日(木)~1月5日(金)はご利用できません。
温泉写真
【価格】 1枚5,000円(税込)

【発売窓口】  ・天神高速バスターミナル3階窓口
        ・博多バスターミナル1階窓口
【利用方法】 (1)利用前日までに各旅館へ電話予約
              ※2名以上でのご予約が必要です。
                 (2)窓口にてきっぷを購入
                 (3)福岡市内から日田方面への高速バスに乗車し、「杷木」バス停下車
              ※各旅館までの移動方法については、ご予約の際にご確認ください。
              ※筑後川温泉まで徒歩約6分、原鶴温泉まで路線バスで約7分
        (4)各旅館できっぷを使用
【対象旅館】
温泉地   名称                                 連絡先
原鶴温泉   泰泉閣                                 0946-62-1140
          延命館                                 0946-62-1133
          六峰舘                                 0946-62-1047
          佐藤荘                                 0946-62-0657
          ホテルパーレンス小野屋         0946-62-1120
          ビューホテル平成                 0946-63-3515
          花水木                                 0946-62-3940

筑後川温泉   花景色                                 0943-77-2110
          ふくせんか                         0943-77-3131
          清乃屋                                 0943-77-2188
【特典】      原鶴温泉 :    朝倉の柿の葉エキス入りオリジナルシャンプー・リンスプレゼント
      筑後川温泉 : ワンドリンクサービス

【その他】 詳細は西鉄くらしネット特設ページ(http://www.nishitetsu.jp/bus/onsenkippu/)にて
                ご確認ください。


本件に関するお問い合わせは、西日本鉄道(株)広報課 平井・野崎(TEL092-734-1217)まで

最終更新日 [2017年12月1日]  
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム