総合トップへ
   ホーム  >  季節のおすすめイベント  >  【彼岸花開花状況更新中】2017棚田inうきは彼岸花めぐり&ばさら祭

季節のおすすめイベント

【彼岸花開花状況更新中】2017棚田inうきは彼岸花めぐり&ばさら祭

2017年9月7日(木)

彼岸花めぐり 棚田inうきは彼岸花めぐり&ばさら祭
初秋になると棚田のあぜを真っ赤に彩る彼岸花と黄金色の稲穂とのコントラストが見事です。

この美しい日本の原風景を楽しむイベントは、新川・田篭地区自治協議会、うきは夢酔塾などの関係団体で 実行委員会を立上げ、地域活性化にむけた取り組みと合わせて進めています。

期間中は、市内外からたくさんの方が訪れます。円滑な運営のため、 途中一方通行など交通誘導等に、ご理解とご協力をお願い致します。

開催期日

 

29年度(第23回)は、平成29年916日(土)~18日(月・祝)

※9月18日(祝・月)は実施します。

※9月16日、17日は台風接近によりイベント及びシャトルバスの運行を中止しました。

 

場所・所在地

 浮羽町

新川(にいかわ)地区の棚田

問い合わせ先

●うきは市役所 うきはブランド推進課
 0943-76-9059(直)

 0943-75-3111(代)

新川コミュニティセンター
 0943-77-6557

備考

 ・主催

 棚田inうきは彼岸花めぐり&ばさら祭実行委員会

 

 今年の彼岸花めぐり&ばさら祭りは、終了しました。

たくさんのご来場ありがとうございました。

※期間中は路線バスのほか、臨時ャトルバスが運行します。

※MAP、バス・鉄道の時刻表は下記データをご参照ください。


 


 

 新川地区に点在する棚田は、自然と共存してきた歴史や営みを今に残す宝です。
日本の棚田百選「つづら棚田」をはじめとする新川地区の棚田群を舞台に、今年も彼岸花めぐり&ばさら祭が開催されます。

  •  

  •  この地域に咲き乱れる彼岸花の数は50万本とも言われています。
    また、ばさら祭とは、彼岸花めぐりをイベント化する前から開催されてきた

    「車で各集落を周り、地域の方と会話しながら農作物や棚田米新米)やヤマメ焼き等、盛り沢山の山の幸を楽しむ祭」です。

 

●彼岸花の開花情報(随時更新)

 

○つづら棚田全体の開花状況は、5分~6分咲です。

2019/9/19-1  2017/9/19-2


(平成29年9月19日更新、つづら棚田)

 

○つづら棚田全体の開花状況は、4分~5分咲です。

2017/9/17-1  2017/9/17-2
(平成29年9月17日更新、つづら棚田)

○つづら棚田全体の開花状況は、3分咲です。

2017/9/15
(平成29年9月15日更新、つづら棚田)

○つづら棚田全体の開花状況は、2分から3分咲です。

2017/9/14-2  2017/9/14-1
(平成29年9月14日更新、つづら棚田)

○つづら棚田全体で開花が始まりました。今週末は3分から5分咲の予測です。

2017/9/12-1   2017/9/12-2
(平成29年9月12日更新、つづら棚田)
 
○つづら棚田全体で彼岸花の発芽がありますが、開花はしていません。

2017/9/11-1   2017/9/11-2
(平成29年9月11日更新、つづら棚田)

○彼岸花の発芽が数か所見られましたが、見ごろはまだ先です。

2017/9/8
(平成29年9月8日更新、つづら棚田)

○彼岸花の発芽はまだ見られません

2017/9/5

(平成29年9月5日更新、つづら棚田)

 

 

  •  

  • かかしコンテスト

    今回は、一般の方からのご参加も募集します。

    詳細が決定次第、お知らせいたします。

 
かかしコンテスト

 

 

新川・田篭地区〈伝統的建造物群〉保存対策報告ダイジェスト版(参考)

http://www.city.ukiha.fukuoka.jp/life/pub/Detail.aspx?c_id=42&id=100&pg=1&type=list

問合せ 実行委員会(事務局 うきは市うきはブランド推進課)

  •   電話0943-76-9059   ファクス0943-77-5557

     

 つづら棚田を歩く 2011年4月にオープンした「つづら山荘」 彼岸花咲く「つづら棚田」 黄金色の棚田のだんだん

水滴の彼岸花 彼岸花が美しいつづら棚田

 2014年のつづら棚田1 2014年のつづら棚田2

最終更新日 [2017年9月19日]  
この情報に関するお問い合わせは
うきはブランド推進課
電話:0943-76-9059
ファックス:0943-77-5557
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 ホーム