総合トップへ
   ホーム  >  まちの話題  >  山野修作NYカルテット Tour2017 in Ukiha

まちの話題

山野修作NYカルテット Tour2017 in Ukiha

2017年2月1日(水)

山野修作フライヤー ジャズギタリスト山野修作が現代ニューヨークのジャズシーンを支える精鋭達 [ Adam Birnbaum(Piano), Matt Closhey(Bass), Mark Ferber(Drums) ] を迎えてのツアー(全5会場)にて、うきは市白壁ホール公演を行います。

公演は終了しました。多数のご来場ありがとうございました。
山野修作NYカルテット Tour2017 in Ukiha

■会場
うきは市文化会館(福岡県うきは市吉井町1001-4)
■時間

平成29年4月22日(土)

  • 18:00 開場
  • 18:30 開演
■公演内容

ジャズギタリスト山野修作が現代ニューヨークのジャズシーンを支える精鋭達 [ Adam Birnbaum(Piano), Matt Closhey(Bass), Mark Ferber(Drums) ] を迎えてのツアー(全5会場)にて、うきは市白壁ホール公演を行います。

■演奏予定曲目(一部)
  • さくら さくら
  • ニューシネマパラダイス
  • Spring is here
■出演者:Shusaku Yamano(山野修作)/ギター

Shusaku Yamano

福岡市出身。15歳から独学でギターを弾き始め、2003年にニューヨークに渡り、John Abercrombieらに師事。その後度々渡米し、Joe Martin, Bill Stewart, Danny Grissettらとニューヨークでレコーディングを行う。Matt Clohesy, Mark Ferber, Randy Ingram, Adam Birnbaumらとホールコンサートを含む全国ツアーを継続して行っている。伝統的なジャズギターサウンドでありながら、現代的な面も加味したプレイスタイルが特徴である。

■出演者:Adam Birnbaum(アダム・バーンバウム)/ピアノ

Adam Birnbaum

ボストン出身、ニューヨーク在住。名門ジュリアード音楽院で研鑽を積む。ジャズ界レジェンドのEddie Gomez, Wallace Roney, Al Foster, Greg Osbyらのツアーやレコーディングに参加。数々の賞を受賞しメディアからもその才能を高く評価されている注目の若手ピアニスト。

■出演者:Matt Clohesy(マット・クローシー)/ベース

Matt Clohesy

メルボルン出身、ニューヨーク在住。Eric Alexander, Maria Schneider, Eric Reed, Geoff Keezerなどの実力者とツアーやレコーディングで共演。Tom Scottのブルーノート公演やKurt Rosenwinkel, Seamus Blakeらの日本ツアーにも参加。現代ニューヨークジャズの中核を担う一人。

■出演者:Mark Ferber(マーク・ファーバー)/ドラム

Mark Ferber

カリフォルニア出身、ニューヨーク在住。Lee Konitz, Dave Liebman, Steve Swallow, Bud Shankらのジャズ界の巨人は元より、Norah Jonesとも共演している人気ドラマー。Jonathan Kreisbergの日本ツアーにも度々参加。その美しいドラムサウンドは評価が高い。

■入場料
  • 前売: 2,000円前売券の窓口販売は終了しました
  • 当日: 2,500円
■チケット購入方法(窓口・電話予約)
  • 窓口販売(月曜~金曜 8:30~17:15):うきは市生涯学習センター(福岡県うきは市吉井町983-1)にて販売しています(窓口販売期日:4月21日(金)17:15まで)。※本公演は全席指定のため、電話取り置きは行いません。公演は終了しました。多数のご来場ありがとうございました。
  • 当日券は、22日(土)17:00より会場入口で販売します。公演は終了しました。多数のご来場ありがとうございました。
■チケット購入方法(プレイガイド)

チケットぴあ:チケットぴあWebサイトから購入QR
またはチケットぴあ店頭セブン-イレブンのマルチコピー機サークルK・サンクスのKステーションPコード 321966で検索してください(チケットぴあ販売期日:4月21日(金)23:59まで)。

●お問い合わせ(月~金 8:30~17:15)
うきは市文化事業実行委員会
(うきは市教育委員会 生涯学習課スポーツ文化振興係 電話0943-75-3343)

フライヤー表


フライヤー裏

最終更新日 [2017年4月25日]  
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム