総合トップへ
   ホーム  >  まちの話題  >  ~うきは市が江戸時代の「大石長野水道開さく」を紹介した書籍とDVDを制作~県内全小学校への配布に先立ち、福岡市を表敬訪問

まちの話題

~うきは市が江戸時代の「大石長野水道開さく」を紹介した書籍とDVDを制作~県内全小学校への配布に先立ち、福岡市を表敬訪問

2016年3月11日(金)

記念写真 うきは市では農村資源の継承を目的に、寛文4年(1664)「五庄屋」が中心となり筑後川に堰を作り大石、長野に水道を構築した「大石長野水道開さく」から350年の記念事業として、五庄屋伝記小説「筑後川」の改定版の発刊(昨年9月)に続き、今年2月、DVD「うきは水ロマン~大石堰水路物語~」を完成させました。
「五庄屋」の偉業は県内の小学4年生の社会科で学ばれ、大石堰には多くの小学校が見学に訪れていることから、市では補助教材として活用してもらうため、今年3月から県内全小学校に上記改訂版とDVDの配布を行うことにしています。
 上記配布に先立ち、小学校数が県内最多で、また、大石堰を見学に訪れる学校も多い福岡市を3月11日に、うきは市髙木典雄市長が表敬訪問し、貞刈厚仁副市長、酒井龍彦教育長に今後の活用について依頼を行いました。

筑後川


DVD制作










 

最終更新日 [2016年3月15日]  
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム